プロ野球の広島からドラフト4位で指名された花咲徳栄高の韮沢雄也内野手(18)=178センチ、80キロ、右投げ左打ち=が18日、加須市のサトエ記念21世紀美術館で入団交渉し、契約金4千万円、年俸500万円で合意した。

 交渉を終えた韮沢は「入団発表の日程などの説明を受け、プロ野球選手になるんだという実感が湧いてきた」と心境を語った。巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける好打者は、「自信のある打撃でアピールしていきたい。これまで同様に打率にこだわり、将来は首位打者を取りたい」と言葉に力を込めた。

 ドラフトで指名を受けた後、“赤ヘル軍団”...    
<記事全文を読む>