千葉ロッテから国内フリーエージェント(FA)権を行使した鈴木大地内野手(30)が楽天に移籍することが18日、決まった。楽天が鈴木と入団で基本合意したと同日発表した。4年契約で総額7億円。今後は正式契約を結び、入団会見を行う。

 鈴木はロッテを通じて「本当にファンの皆さまに育てていただいた。一人の人間として大きく成長する、挑戦するという決断をした」とコメントした。

 楽天は打力に加え、リーダーとしての資質を高く評価した。石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は「私たちの仲間になることを決断してくれたことに身が引き締まる思いだし、しっかりサポートしていきたい」とコメント...    
<記事全文を読む>