野球の明治神宮大会高校の部の準決勝が18日、神宮球場で行われ、白樺は高崎健康福祉大高崎(関東)に2―3で競り負け、昨年の札大谷に続く決勝進出はならなかった。

 白樺は四回、先発の坂本武が先制2ランを浴びた。六回に3番宮浦の左越えソロで1点を返し、さらに2死満塁から玉置の振り逃げの間に同点とした。

 しかし、七回2死三塁から2番手片山が左翼線に適時打を放たれ1点を勝ち越された。打線は七回と八回の2死満塁の好機を生かせず、九回も1死二塁からあと1本が出なかった。

...    
<記事全文を読む>