明治神宮野球大会第3日は17日、神宮球場で準々決勝があった。高校の部の第1試合に九州地区代表の明豊が登場。1回戦をタイブレークの末に勝ち上がった高崎健康福祉大高崎(関東)に再びタイブレークに持ち込まれて4―5で敗れ、惜しくも準決勝進出はならなかった。

 【評】中盤以降に攻め手を欠いた明豊は、延長十回タイブレークの末に高崎健康福祉大高崎に敗れた。
 明豊は初回、中村の先頭打者安打などで1死二、三塁とし、狭間の犠飛で先制。さらに小川の適時打でこの回2点を挙げた。二回にも中村の適時打でリードを広げたが、中盤は本塁が遠く五回に同点に追い付かれた。
 八...    
<記事全文を読む>