◆プレミア12 2次ラウンド 日本10-8韓国(16日、東京ドーム)

 侍ジャパンの外崎が走攻守で存在感を示した。3回に代走で途中出場。直後に二盗を決めた。

 

 

 5回2死満塁のピンチでは守備でチームを救った。6番打者の右翼線への飛球を鈴木が捕球。三走が本塁を狙うと、隙のない中継プレーで本塁封殺とした。「(中継に)入るのがちょっと遅れたという反省点もあったけど、いいボールがいってくれた。(鈴木から)素早くボールがきたので、しっかり狙えるぐらい余裕ができた」と振り返った。

 5回の打席ではきっちりと犠打を成功。7回は四...    
<記事全文を読む>