千葉ロッテは15日、鴨川市の市総合運動施設で行っていた秋季キャンプを打ち上げた。練習後に選手や首脳陣、同市の亀田郁夫市長ら関係者全員で手締めした。選手代表の二木があいさつし「来年、鴨川市の皆さんに日本一の報告ができるようチーム一丸で頑張っていきましょう」と大きな声で語った。

 若手中心の約25人が打ち込み、走り込みなど基礎的な練習を中心に汗を流した。最終クールから平沢、藤原らが合流するなど選手を入れ替えながら半月間の日程を終え、井口監督は「充実したキャンプを過ごせた。天気も良かったし、やるべきことをやれた」と満足げだった。

 今後は海外のウインターリーグなどに参...    
<記事全文を読む>