明治神宮野球大会は15日、神宮球場で開幕して1回戦が行われ、11校による大学の部は、3年ぶり2度目出場の東海大札幌が大商大(関西2)に2―0で完封勝ちした。東海大札幌は17日の準々決勝で慶大(東京六大学)と対戦する。

 各地区秋季大会優勝の10校で争う高校の部は明徳義塾(四国)、初出場の高崎健康福祉大高崎(関東)が準々決勝に勝ち上がった。初出場の白樺は16日、国士舘(東京)の準々決勝で初戦を迎える。

...    
<記事全文を読む>