【東京支社】米大リーグ、マリナーズの菊池雄星(28)=花巻東高=は11月上旬、東京都内で岩手日報社の単独インタビューに応じ、「(課題を)しっかりクリアしていけば(来年は)いいシーズンにできる」と抱負を語った。シーズンを通してローテーションを守ったが負け越したメジャー1年目を「まだまだやれるかなと課題も多く見つかったシーズン」と総括した。世界への挑戦は始まったばかり。さらなる飛躍を期す背番号18は「誰が見てもマリナーズのエースは雄星だと思ってもらえる投手になりたい」と闘志をみなぎらせた。

...    
<記事全文を読む>