プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、オリックスバファローズから1位指名を受けた興南高の宮城大弥投手(志真志小―嘉数中)が15日、球団関係者との入団交渉に臨み、合意した。契約金は8千万円、年俸は770万円(いずれも推定)。背番号はエース・山岡泰輔が今季まで背負っていた「13」に決まった。宮城は「自分も日本を代表するような選手になりたい」と力強く話した。

 宮城は150キロ近い直球とスライダーを武器に高校日本代表にも選出された。同日、那覇市の沖縄ハーバービューホテルで仮契約、会見に臨んだオリックスの福良淳一GMは宮城の起用について「先発、リリーフのどちらもいける。まず...    
<記事全文を読む>