西武からドラフト6位指名を受けた井上広樹投手(18)=東京・日大三高=が15日、東京都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸600万円で合意した。「球団を代表する投手になりたい」と決意表明。伸びしろたっぷりの最速152キロ右腕は、来季導入する3軍制の効果を示すモデルケースになることを目指す。

 「これから厳しい世界に入っていく。まだ未熟なので体をしっかりつくって早く1軍に上がれたら」。高校生の下位指名。もちろん将来性を買われている。若手育成をメインとした3軍からプロの一歩を踏み出すことは確実だ。

 3軍には広島で井上と同じ高校生で6位指名の中崎らを...    
<記事全文を読む>