◆プレミア12 2次ラウンド 米国3-2台湾(15日、東京ドーム)

 米国が粘り腰で2次ラウンド通算2勝3敗とし、今大会での東京五輪出場権獲得へ望みをつないだ。

 米国につって、これが2次ラウンド最終戦。負ければ3位決定戦進出も逃し、今大会の米大陸最上位に与えられる東京五輪出場権もメキシコの手に渡るという状況だった。

 初回に1点を先制したが、3回に追いつかれ、6回にソロで1点勝ち越されて追う展開に。それでも7回、好投していた台湾の先発右腕から6番ルッカーが逆転2ランを放った。

 ブローシャス監督は試合後の公式記者会見で「オーストラリア戦...    
<記事全文を読む>