西武からドラフト6位指名を受けた井上広輝投手(18)=東京・日大三高=が15日、東京都内の新宿プリンスホテルで入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸600万円で合意した(金額は推定)。甲子園出場経験もある最速152キロ右腕は「プロ野球選手になるんだという実感がわいてきました。伸びのあるストレートを磨いて、将来は球団を代表するようなピッチャーになりたいです。プロの練習はきついと思いますが、それに耐えられるような体をつくり、しっかり準備していきたいと思います」とコメントした。

 契約合意後には両親も見つめる中、取材陣に対応。対戦したい打者にはDeNA1位の森(神奈川・桐蔭学園...    
<記事全文を読む>