プロ野球・楽天は14日、倉敷市のマスカットスタジアムで行っていた秋季キャンプを打ち上げた。「より高める」をテーマに、若手中心の30選手が攻守のレベルアップに努めた約2週間。三木監督は「個々の能力も高まり、充実した時間を過ごせた」と総括した。

 選手はこの日も午前9時半から約5時間、トレーニング。ともに倉敷市出身で1年目の太田(広陵高―大商大出)、小郷(関西高―立正大出)ら野手はフリー打撃やシートノック、投手陣は近藤(岡山商大出)や引地(倉敷商高出)らがシャドーピッチングなどに励んだ。練習後、捕手の山下が「来季は倉敷に優勝の報告ができるように頑張りたい」と市民ボラン...    
<記事全文を読む>