ソフトボールの日本リーグ女子1部決勝トーナメント(決勝T)が16、17の両日、横浜スタジアムで開かれ、リーグ戦1位のビックカメラ高崎(18勝4敗)が2年ぶりの王座を狙う。今季は4月の試合中に大黒柱の上野由岐子が左あごを骨折し、後半戦まで離脱する不利もあったが、全22試合を終え2位に3勝差をつけた。決勝Tの3チームとの対戦成績は、いずれも2勝無敗で頭一つ抜けている。

 今季防御率(51回以上が集計対象)は上位6人を海外投手が占め、ビックは9位浜村ゆかり(2.28)がチーム首位。チーム総失点45は決勝T4チーム中ワーストながら、18勝の内訳は完封勝ち7回、1失点勝ち7回と大半を...    
<記事全文を読む>