JFE西日本硬式野球部は14日、福山市新涯町のまこと保育園で野球教室を開き、プロ野球日本ハムにドラフトで1位指名を受けて入団する河野竜生投手(21)たちが、年長の28人に野球の楽しさを伝えた。

 選手や監督、コーチ計14人が参加した。園児が投げるスポンジ製ボールを捕球しながら「うまい」「こうやってごらん」とアドバイス。バッティング練習では園児のすぐ横で「ボールをよく見て」などとスイングを指導した。園児を肩車したり抱きかかえたりもして交流した。

 広沢寿人ちゃん(5)は「パーンと打ってハイタッチした。優しくてかっこよかった」と喜んだ。河野投手は「楽しそうな様子を見...    
<記事全文を読む>