プロ野球広島からドラフト6位指名を受けた福井県立丹生高校の玉村昇悟投手(18)が11月13日、福井市内のホテルで契約交渉に臨んだ。契約金2500万円、年俸450万円(金額は推定)で仮契約を結び、同校から初の日本野球機構(NPB)のプロ野球選手が誕生することが決まった。玉村は「一日も早く1軍に上がり先発ローテーションを任される投手になりたい」と抱負を語った。背番号は未定。

 広島の高山健一スカウトと尾形佳紀スカウトが、玉村の両親を交えて契約交渉した。仮契約を終えた玉村は「ようやく(プロの)実感が湧いてきた。地元の越前町民、福井県民に1軍で投げている姿を見てもらい、感動と勇気を...    
<記事全文を読む>