8月に左肘を手術したベイスターズの田中健二朗投手(30)が来季は育成選手として復帰を目指すことになった。13日に3600万円減の年俸1千万円で育成契約を結び、横浜市中区の球団事務所で会見した田中は「正直もう終わりなんじゃないかと思っていた。話をいただいてありがたかった」と語り、もう一度1軍マウンドに戻ってくる覚悟を示した。

 今季は3月中旬に左肘に強い張りを覚え、リハビリを行っていたが、8月に左肘内側側副靱帯(じんたい)再建手術(トミー・ジョン手術)に踏み切った。現在はランニング中心の練習を行っており、来年1月からスローイングを開始して、8月ごろの実戦復帰を目指している。<...    
<記事全文を読む>