プロ野球で戦力外となった選手らを対象とした12球団合同トライアウト(入団テスト)が12日、大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで行われ、東北楽天を戦力外となった橋本到(仙台育英高出)、八百板卓丸(福島・聖光学院高出)の両外野手ら43人が参加した。
 シート打撃形式で行われ、投手は今季まで巨人に所属した森福允彦、ヤクルトで通算46勝を挙げた村中恭兵、野手では昨季阪神を退団し、今季から独立リーグ、ルートインBCリーグ栃木でプレーした西岡剛、中日を戦力外になった亀沢恭平らが各球団の編成担当者にアピールした。
 今季まで東北楽天の西宮悠介投手、山田大樹内野手、島井寛仁外野手...    
<記事全文を読む>