メキシコのウインターリーグに参加しているベイスターズの関根大気外野手(24)が12日、290万円減の年俸1280万円で契約更改し、現地からインターネット電話「スカイプ」を通して会見した。

 今季は2軍ではリーグ2位の打率3割2分9厘をマークするも、1軍では32試合の出場で安打1本の打率0割3分8厘と苦しんだ。

 前年比20%減の大幅減俸となったが「学ぶことが多かった。1軍で結果を残すためにやるべきことがあらためて分かった」と前を向く。

 悔しさを胸に海を渡ったメキシコでは18試合に出場して打率2割7分3厘、8打点と活躍中...    
<記事全文を読む>