2次ラウンド2勝の日本は、2敗の米国と東京ドームで対戦。日本ハムから唯一選出されている近藤健介外野手(26)は3番・左翼で先発出場。一回に四球で出塁し、今大会5試合連続出塁を果たすも、試合は3―4で惜敗した。四、七回に安打性の当たりが相手守備陣に阻まれる悔しい場面もあった中での今大会初黒星。きょう13日は、ここまで全勝のメキシコが相手。日本にとっても、近藤にとっても負けられない戦いとなる。

 いい感触が残った両手をそのまま腰に当て、苦笑いを浮かべて立ち尽くした。2点を追う七回2死二、三塁と一打同点の場面。近藤は代わったばかりの左腕・シールバーの大きく曲がるカーブにアジャスト...    
<記事全文を読む>