ソフトボール男子の日本リーグ決勝トーナメント最終日は10日、名古屋市のパロマ瑞穂野球場で行われ、リーグ1位の平林金属ク(岡山市)は決勝で同5位のデンソーに7―0で完勝し、2年連続5度目の優勝を果たした。

 平林金属クは一回に4安打を集めて3点を先取し、二回は松田、井上の長打でさらに3点。五回には井上のソロ本塁打が飛び出した。松田は計6回を投げ、一回に許した内野安打1本以外は一人も走者を出さなかった。決勝トーナメント2試合で13回2失点、打っても4安打4打点の松田は最優秀選手に選ばれた。

 平林金属クは2連覇した全日本クラブ選手権(7月)と合わ...    
<記事全文を読む>