プロ野球ドラフト会議で巨人から五位指名を受けた星稜高の山瀬慎之助捕手(18)が十一日、金沢市内のホテルで入団交渉し、契約金三千五百万円、年俸五百四十万円(いずれも推定)で仮契約した。背番号は67に決まった。会見では「頑張らないと、と身が引き締まった。四十歳まで現役でやりたい」と抱負を語った。

 山瀬捕手はスカウト部の長谷川国利部長、織田淳哉主任とともに会見場へ。帽子をかぶせてもらい、満面の笑みで撮影に応じた。会見では、自身の名前の由来となった阿部慎之助二軍監督について問われ「指導される機会もあると思う。常に目標としてきた選手でもあるので、名前に恥じない活躍をしたい」と答えた...    
<記事全文を読む>