日本ハムの秋季国頭キャンプ第3クール1日目は9日、沖縄県国頭村で行った。打撃強化では杉谷、谷口、松本、宇佐見、谷内、白村が、外野に2本設置された高さ3・5メートル、直径15センチあまりの柱に打球を当てるユニークな練習に挑戦。左右両打席で一度ずつ当てた杉谷は「強く振ることや、柱を狙うために集中するなど、一つの練習でいくつも気にすることがあった」と汗をぬぐっていた。

...    
<記事全文を読む>