広島東洋カープは8日、ポスティングシステムによる菊池涼介内野手(29)の米大リーグ移籍を容認することを発表した。鈴木清明球団本部長は「これまで球団に多くの貢献をしてくれた。彼のチャレンジを尊重したい」と説明。移籍すれば、球団では2015年オフにドジャースへ加入した前田健太投手以来となる。

 菊池は昨オフ、ポスティングシステムによる大リーグ挑戦の希望を表明。球団によると、数日前にポスティング申請の要望があった。日本代表として国際大会「プレミア12」に出場中の菊池は「認めてもらい、ありがたい気持ちでいっぱい。今は侍ジャパンに集中したい」とコメントした。

 球団は今後...    
<記事全文を読む>