奥川投手 小さな目標立てクリア

山瀬捕手 ライバル設ければ努力

 十月のプロ野球ドラフト会議で一位で三球団が競合した星稜高校・奥川恭伸投手(三年)と、巨人から五位で指名を受けた同・山瀬慎之助捕手(同)が八日、母校のかほく市宇ノ気中学校で後輩たちからの質問に答えた。夢の実現について奥川投手は「小さな目標を立てて一つ一つクリアしていくことが大事」と話せば、山瀬捕手は「ライバルを設ければ努力がしやすくなる」と訴えた。

 宇ノ気中が「先輩に学ぶ会」と称し、開いた。四百十八人の全生徒...    
<記事全文を読む>