広島は7日、ドラフト1位指名した明大の森下暢仁(まさと)投手(22)=180センチ、76キロ、右投げ右打ち=と東京都内のホテルで交渉し、入団が決まった。契約金は1億円プラス出来高払い5千万円、年俸は来季変更予定の新人の上限額となる1600万円で合意した。大学ナンバーワン右腕は「いい評価をしていただいたので結果を出して恩返ししたい」と口元を引き締めた。

...    
<記事全文を読む>