今季限りで現役を引退したプロ野球元広島東洋カープ内野手の梵英心さん(39)が、出身の三次市であった引退報告会に出席した。地元のファン有志が企画し、約110人が集まった。

 2日にあった市主催の合併15周年記念式典で、同郷で元カープ投手の永川勝浩さん(38)と共に市民栄誉賞を受賞した後、市内のホテルに招かれた梵さん。出席者を前に「多くの人に支えられた野球人生だった」と感謝し、全国から集まったファンや地元住民と記念撮影して交流した。

 三次高を卒業後、駒沢大、日産自動車を経て2006年にカープ入団。会場からは、新人王や盗塁王、ゴールデングラブ賞に輝いた梵さんに「ぜひ...    
<記事全文を読む>