■中学時に対戦経験

 西武のドラフト1位指名の宮川哲投手(24)=東芝=が5日、横浜市の同社グラウンドで指名あいさつを受けた。今季、首位打者を獲得した森友哉捕手(24)とは中学時代に対戦経験があり、宮川は“弟子入り”を志願。同学年バッテリーで日本一に貢献する。

 宮川が生駒ボーイズ(奈良)、森が堺ビッグボーイズ(大阪)と、ともに関西の硬式ボーイズリーグ出身。2人は中学最後の試合で対戦し、宮川のチームがサヨナラ負けしたという。当時は宮川は外野手で森は投手。宮川はヒットを打ったものの、森を「いい選手だな」と感じていた。あれから9年。球界屈指の「...    
<記事全文を読む>