ベイスターズは5日、ドラフト2位で指名した立命大の坂本裕哉投手(22)と京都市内のホテルで入団交渉し、契約金7150万円、年俸1265万円で入団することで合意した。期待の即戦力左腕は「日本を代表する選手になりたい」と高らかに宣言した。

 ドラフト当日までは「指名されるまで不安だった」というが、実力は本物だ。150キロに迫るストレートに変化球の制球も良く、今春の関西学生リーグでは最優秀選手賞、最優秀投手、ベストナインの3冠に輝いた。

 立命大で寮の同部屋だった2学年先輩の東は憧れの存在。今月1日、横須賀の寮見学の際に1年ぶりに対面すると、緊張し...    
<記事全文を読む>