西武にドラフト1位指名された宮川哲投手(24)=東芝=が5日、横浜市内の同社グラウンドで指名あいさつを受けた。即戦力として評価される最速154キロ右腕は「大事なところを任される投手になって、そこで抑えたい」と決意を新たにした。

 球団関係者を出迎える際には緊張の色が隠せなかった宮川。辻発彦監督のサインが書かれた色紙と、ドラフト会場への入館パスを受け取り、「達筆だなと思いました」。指揮官の意外? な特技に驚いた様子だった。

 速球だけでなく、カットボールなどの変化球も多彩。先発、救援どちらもこなせるだけに、リーグ2連覇を果たしながらも、チーム防御率がリーグ最低だっ...    
<記事全文を読む>