世界少年野球推進財団の王貞治理事長(福岡ソフトバンクホークス会長)が10月31日、成田市役所を訪れ、世界各地から女子だけが参加する少年野球教室の市内での開催を要請した。小泉一成市長は成功に向けて協力を約束した。

 財団によると、仮称「世界少年野球Girl’s Baseball Clinic 2020成田大会」として来年8月14~21日に開催。日本を含めた11カ国・地域の10~11歳の女子80人が集まり、技術指導や試合を予定している。

 王理事長は「今回は東京五輪の期間で本来の形とは違うが、注目される大会になると思う。大いに盛り上げていきたい」と抱負を...    
<記事全文を読む>