西武は2日、福岡ソフトバンクから国内フリーエージェント(FA)宣言した福田秀平外野手(30)と交渉解禁日の3日に福岡市内で交渉すると発表した。福田がFA権の行使を表明した10月25日に一番乗りで獲得に乗り出すことを明言しており、交渉のテーブルにも「いの一番」で着く。

 FA宣言選手が公示された2日に素早く動きを見せた西武は、渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)と飯田光男球団本部長が福岡に乗り込む予定。中堅のレギュラーだった秋山が海外FAで米メジャー移籍を目指しており、リーグ3連覇に向けて、走攻守そろった福田の獲得は最重要課題だ。福田の表明直後、渡辺GMは「FAで手を挙げたから...    
<記事全文を読む>