東北楽天は31日、岡山県倉敷市で行っている秋季キャンプで守備や走塁に重点を置いた練習を行った。
 この日は投内連係の守備練習に多くの時間を割いた。日本ハム、ヤクルトで守備走塁コーチなどを務めた三木監督が、状況に応じた守備位置などを事細かに説明。選手の動きを見て「数をこなしていけばもっとスムーズになる」と手応えをつかんだ様子だった。
 前日のケース打撃同様、秋季キャンプでは指揮官が声を出して直接指示する場面が目立つ。「監督がやりたいことを示した方がコーチも選手に向き合いやすい」。挟殺プレーで守備の連係がうまくいかなかったり、まずい走塁があったりすれば、三木監督から即座...    
<記事全文を読む>