NPBエンタープライズは1日、日本代表「侍ジャパン」の秋山翔吾外野手(31)が右足第4趾(薬指)基節骨骨折のため、代表を辞退すると発表した。代役に、丸佳浩外野手(30)を招集する。国際大会「プレミア12」で世界一を目指すチームにとって痛手となるだけでなく、自身の米メジャー挑戦に向けての影響も懸念される。

 秋山は10月31日のカナダとの強化試合に「1番中堅」でスタメン出場。3回の第2打席で右足付近に死球を受け、5回の守備から退いた。那覇市内の病院で検査を受け、首脳陣と協議したうえで辞退を決めた。

 

 

■「参加できたことは財産」<...    
<記事全文を読む>