11月に開催される野球の国際大会「プレミア12」を前に31日午後7時、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で日本代表とカナダ代表との強化試合が始まった。開会前の始球式では、ラグビーW杯日本代表で、那覇市出身の母親を持つ田村優(キヤノン)が登場。ラグビーボールを野球ボールに変え、120キロの直球をキャッチャーミットに投げ入れ、観客を沸かせた。母の地元・沖縄での登場に「大変光栄です。僕のおじいちゃん、おばあちゃんも見に来ているのでいいところを見せられた」と始球式後の会見で語った。

 日本代表の先発投手は巨人の山口俊を起用。4番には広島東洋カープの鈴木誠也を据えた。代表に...    
<記事全文を読む>