31日に高松市内で行われた「四国アイランドリーグplus AWARD 2019」に、今季同リーグの徳島でプレーして西武からドラフト8位指名を受けた岸潤一郎外野手(22)が出席した。外野手登録ながら遊撃でベストナイン。徳島での2年間で内外野全ポジションを経験した岸は、二塁と外野を守れる西武の先輩外崎を目標に「そういう役割を狙っていきたい」と語った。

 高知・明徳義塾高ではエース。拓大時代に右肘を痛め、手術を受けた後に退部した。独立リーグの徳島で成長し「かえってよかった。高校からプロに入っていたら、そのまま終わっていた」。今季は本格的に遊撃に取り組んだが、6月のリーグ北米遠征で...    
<記事全文を読む>