17日のプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で埼玉西武ライオンズから5位指名された、社会人チーム「ホンダ鈴鹿」の柘植世那捕手(22)=群馬県出身=が31日、チームを運営する三重県の本田技研工業鈴鹿製作所で、西武の編成グループ育成アマチュア担当部長の前田俊郎氏、担当スカウトの安達俊也氏から指名あいさつを受けた。

群馬・健大高崎高時代から強肩強打で鳴らした。高卒2年目からホンダ鈴鹿正捕手の座をつかみ、今季中軸も務めた22歳は「プロの世界で挑戦する実感が湧いてきた。(年明けの)新人合同自主トレまでしっかり身体を作る」と引き締まった表情で抱負を語った。

高3の201...    
<記事全文を読む>