野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツを運営する福井県民球団は10月31日夜、「ファンへの感謝のつどい」を福井県福井市の県繊協ビルで開いた。同球団は、経営難により清算手続きに至った経緯を説明。新たに運営を担う会社の設立決定を受け、集まった約150人のファンが地元球団の発展を願った。

 県民球団の新谷隆美社長は2010年に運営を引き継いでからの歩みを顧み感謝を伝えた。今季で退任する田中雅彦監督は「コーチ時代を合わせ3年間、成長させていただいた。野球を続ける選手たちを応援してください」と述べた。

 選手、コーチら25人とファンは軽食を取りな...    
<記事全文を読む>