プロ野球の斉藤コミッショナーは31日、今季の育成選手のうち、各球団が来季の戦力として契約する権利を持つ保留者名簿を公示した。巨人の田中優大(羽黒高出)を含め12球団で計53人。

 一方、阪神の横山雄哉(山形中央高出)、楽天の下妻貴寛(酒田南高出)ら11球団の計44人は保留者名簿に含まれず自由契約となった。

...    
<記事全文を読む>