阪神からドラフト4位指名された東海大相模高の遠藤成(18)が31日、同校で指名あいさつを受けた。畑山統括スカウトらと対面し、阪神・矢野監督のサイン入りのドラフト会議IDを手渡された遠藤は「矢野監督から期待されているという話を聞いた。期待に応えられるようなプレーがしたい」と表情を緩ませた。

 高校では投打の二刀流で活躍したが、プロではショート一本で勝負する。2年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞した西武の源田を挙げ、「基本が自分には必要。源田選手のように基本を大事にしてうまくなりたい」と目標を掲げた。

 今季限りで阪神を退団する鳥谷が守ってきた遊...    
<記事全文を読む>