バレーボールV1女子の岡山シーガルズは岡山県などと連携して、東京五輪出場に向けて強化を図るタイ代表チームの合宿を11月2~16日の15日間受け入れ、公開試合も実施すると30日発表した。タイはアジア屈指の強豪で県内での合宿は初。

 ヌットサラ、ブルームジットらスター選手をはじめスタッフを含め総勢27人が訪れる。練習は中国学園大(岡山市北区庭瀬)などで行い、シーガルズとの合同練習も予定する。

 シーガルズと対戦する公開試合は観戦無料で7日午後3時から、山陽ふれあい公園体育館(赤磐市正崎)で行う。11日は理大付高(岡山市北区理大町)で地元小学生チームなどを対象にしたバ...    
<記事全文を読む>