バレーボールVリーグ男子1部の大分三好ヴァイセアドラーは27日、長崎県の島原復興アリーナで堺ブレイザーズと対戦。九州での開幕2連戦で今季初勝利を狙ったが0―3で敗れ、2連敗を喫した。
 大分三好は11月2日、福井県営体育館でVC長野トライデンツと対戦する。

 【評】大分三好はよく粘ったが勝負どころの1点が遠く、堺に敗れた。
 大分三好は第1セット、中盤にバグナスが3連続得点を挙げるなど先に20点を取った。だが終盤は相手の的確なブロックなどで逆転され、23―25で先行された。第2セットもリードしながら終盤で追いつかれ、ジュースの末に落とすと、後の...    
<記事全文を読む>