バレーボール男子のVリーグは26日、開幕する。計10チームで3回戦総当たりのレギュラーラウンドを戦い、上位5チームがファイナルステージに進む。昨季3位の東レ(三島市)は篠田新監督を迎え、攻撃力強化に取り組んできた。「BLUE HOT~魂を揺さぶれ」を新スローガンに掲げ、「気迫」を前面に押し出して3季ぶりの頂点を狙う。

 ■レフト戸崎に指揮官期待
 今季は日本代表で活動していた藤井、李、高橋が開幕直前の合流となり、2年目のアウンがミャンマー代表の活動のため中盤まで不在。「戦力が整うまでリーグ序盤は粘り強く戦うしかない」と篠田監督。アウンの穴を埋める戦力として、指揮官...    
<記事全文を読む>