バレーボール「Vリーグ」女子が12日に開幕する。鳥栖市をホームタウンとする久光製薬スプリングスは、9月のワールドカップバレーで日本代表の主力として活躍した岩坂名奈、新鍋理沙、石井優希に加え、若手の力も融合させてリーグ3連覇を目指す。12日のデンソー戦(愛知)、13日のNEC戦(同)は台風19号接近のため中止・順延となり、19日に佐賀市である日立戦がチームの今季開幕戦となる。2020東京五輪の影響でリーグは短期決戦となっているだけに、20日の姫路戦を含めホームで連勝し、スタートダッシュをかけたい。

 昨季はレギュラーラウンドを18勝2敗で1位通過し、女王の実力を見せつけた。フ...    
<記事全文を読む>