バレーボールVリーグ1部(V1)女子が10月12日に開幕するのを前に、岡山シーガルズの激励会(Vリーグ岡山大会実行委主催)が30日、岡山市内で開かれ、悲願の日本一を目指すチームに、政財界やスポンサー関係者ら約300人が熱いエールを送った。

 拍手で迎えられる中、河本昭義監督を先頭に24選手が会場入り。岡山県バレーボール協会の中島博会長が「シーガルズのおかげで岡山の名は全国にとどろいている。さらなる発展と活躍を祈念する」とあいさつ。メインスポンサーの中国銀行の加藤貞則頭取、県スポーツ協会の越宗孝昌会長(山陽新聞社会長)らが「茨城国体で弾みをつけ、リーグで素晴らしい活...    
<記事全文を読む>