バレーボールVリーグ1部(V1)女子の開幕(10月12日)を前に、岡山シーガルズは30日、岡山市内で記者会見に臨んだ。河本監督は「頂点を狙える戦力が整った」とし、昨季の9位からの巻き返しに自信を示した。

 川島、吉田の両新主将、日本代表セッターの宮下らが出席。河本監督は今季スローガンについて「絆ある新しき風をまとい、令和の空を突き進もう」とすることを明らかにし「若手が成長し、チーム内に良い化学反応が起きつつある。一人一人の力を結集して勝利を目指す」と決意表明した。

 17歳の新人古川、大卒ルーキーの及川ら若手が力を伸ばす中、タイへの海外遠征や...    
<記事全文を読む>