バドミントン女子の広島ガスが、11月2日に開幕するS/Jリーグ1部の舞台に4年ぶりに挑む。10チームが2組に分かれて争うリーグ戦では、世界トップクラスを擁する強豪をはじめ、ACT SAIKYOや山陰合同銀行の中国勢と同組。選手は「厳しい戦いを覚悟し、1部残留を目指す」と決意をにじませる。

...    
<記事全文を読む>