米沢市は29日、スポーツ用品大手のミズノ(大阪市、水野明人社長)と、スポーツ振興や市民の健康増進などを目的とした連携協定を締結した。同社が自治体と同様の協定を結ぶのは全国10例目で、東北地方では本県朝日町に続いて2例目。

 市役所で締結式が行われ、中川勝市長と同社の中島隆雄執行役員スポーツ営業本部長が協定書にサインした。中川市長は「健康長寿日本一を目指す中で、スポーツは欠かすことのできない要素。スポーツを通じたまちづくりについてもご支援をお願いしたい」とあいさつ。中島本部長は「スポーツを通じたさまざまな点で貢献したい。未来のトップアスリートが米沢から出ることにも期...    
<記事全文を読む>