2020年東京五輪の合宿を巡り、視察のため広島市を訪れているメキシコの3競技団体の代表たち4人が29日、市役所に松井一実市長を訪ねた。3競技のうちボクシングについては30日、市と合宿実施の合意文書を交わす予定。残るアーチェリー、セーリングは今回の視察を踏まえて可否を判断する。

...    
<記事全文を読む>