【カイロ=奥田哲平】一九八四年のロサンゼルス五輪柔道男子無差別級決勝で、優勝した山下泰裕・日本オリンピック委員会(JOC)会長と対戦したエジプトのモハメド・ラシュワンさん(63)が今年春の叙勲で旭日単光章を受章し、二十八日にカイロの日本大使公邸で伝達式が開かれた。ラシュワンさんが「人生の友」と呼ぶ山下会長も祝福の言葉を寄せた。

 ラシュワンさんは、三十五年前の決勝戦で山下会長が痛めていた右脚を攻撃せずに敗れ、表彰台に上がる際に手を差し伸べた姿が国際フェアプレー賞に選ばれた。引退後は国際審判員を務め、柔道普及や日本とエジプトの懸け橋となった交流の功績が認められた。

<記事全文を読む>